口臭はなぜするの? 原因を知って対策したい!

hi

人に会う時のマナーとして気をつけたいところは様々ですが、口臭もその一つです。

口臭がひどければ話す相手に不快を与えていると思いませんか?

人間関係が壊れるほどにはならないものの、口臭がマイナスになることは間違いなく、避けるためにも原因を知って、予防対策を立てることが大切です。

口臭ケアを行うことによって歯のトラブルを減らして、口の中の健康にもつながっていきようになります。

口臭の原因とは

口臭の予防対策をする前に重要なのが、「臭い」の原因を知ることになります。

口臭のほとんどの原因は口の中だけでなく、胃の中も問題だとされています。

 

 大きく分けて原因は2つあります

原因

.口の中の粘膜は細胞が剝がれ落ちて、下に溜まって腐敗し付着、沈着(石灰化)することです。下で白くなって苔のようになることから、舌苔と言います。この舌苔が口臭の原因で、硫黄化合物である硫化水素やメチルメルカプタンなどが発生します。

.歯周病菌による口臭で特に注意したいものです。歯周病菌は強い臭いを発生させる原因となるため、歯周病になってしまうと口臭も強くなっていきます。

 

次に一時的な口臭のとして「食べ物」も挙げられるますよね。

ニンニクやネギなどを食べることでガスが発生して腸を介して肺から排出されて口臭の原因となります。一時的なものですので、こちらは時間がたてば臭いは消えていきます。

 

そして注意したいのが、内臓の原因のときです。

胃が弱いと口臭がすると言われるぐらいで、胃から直接においを発生させているわけではなく、消化不良によって食べ物が腸内で発酵することにより臭いが肺から出て口臭の原因となります。

>カビのような臭いなどは肝機能が低下している

>アンモニアの臭いがすれば腎機能が低下しているとも言われています。

 

口臭の予防対策

口臭の予防対策の基本は何といっても、基本はやはり、歯磨きが一番重要ですよね。

夜寝る前にはきちんと歯ブラシをして口の中の雑菌を減らして、朝起きたら歯磨きをし寝ている間に増えた雑菌を洗い流します。

舌苔も臭いの原因となるため、予防対策としては下も磨くと効果的です!ただし舌苔を除去するときには、歯磨き のときに使う歯ブラシですと、刺激が強すぎますので、舌用のブラシを使って力を抜いて優しく磨くことがポイントです。

臭いの原因になっってしまう歯のトラブルを改善したり、雑菌を減らすためには唾液を増やすことを行うことも非常に有効です。

【唾液腺マッサージ】の方法を紹介します。

まず、顎のとがった部分の後ろにあるくぼみに、両手の親指を置きゆっくり10回押してください。次に顎ラインの内側を親指で耳の下から顎のくぼみまで4か所くらいに分けて押していきます。力の過ぎに注意してくださいね。最後に、耳の前(耳の横から下付近)を指で優しく押したりマッサージをします。

一日に数回試してみてください。刺激を与えることで唾液が分泌されやすくなります。

【マウスウォッシュ】の種類とおすすめ

歯磨きとの併用でお口を健康に保てるものとして人気のマウスウォッシュ。口臭を抑える働きがあり、外出先や人前で気になる場合も効果を発揮してくれます。

大小様々で、20種類ちかくのマウスウォッシュ製品があります。これだけあると迷ってしまいますよね。メーカーによって香り・成分も違いますし、アルコール・ノンアルコールタイプで選ぶ基準が変わってきます。

アルコール入りの場合ですと、多少ピリピリ感があるため苦手な人は迷わずノンアルコールタイプの選択がベストです。後は香りの好みですが、アップルや強めのミント・爽やかな弱めのミントとなっていますのでお好みの香りをお選びください。

 

自分でできる予防対策

口臭の原因は、様々ある中で、ほとんどの場合自分で予防対策ができるようになっています。きちんと歯を磨いたり、舌までケアをするなどが口臭ケアには効果的です。

しかし、自分でできるケアは多いものの、病院に行かなければケアできない問題もあります。歯周病や虫歯はきちんと治療することが口臭予防となり、内臓が問題の場合には病気を治すことが根本的な対策です。

 

【予防に効果的な商品】について

歯磨きをした後でもお口の中がベトベトしたすっきりしない状態の場合、きちんと汚れが落ちていないことが原因としてあります。そこで歯ブラシの他にもある2点のお役立ちアイテムをご紹介します。

①歯間ブラシの併用

歯と歯の間に入った食べかすって取りにくいですよね!詰まって気持ちが悪いし、そのままだと口臭の原因になるから取りたいけれど、歯ブラシが上手く届かないときは、形の小さい歯間ブラシを使ってみてください。サイズや持ち手の長さなどもありますので、自分に合ったサイズを知りたい場合は通われている歯科医院で見てもらうと安心ですね。

②デンタルフロスの活用

比較的年齢が若い頃ですと、まだ歯と歯の間の隙間は狭いためデンタルフロスをおすすめします。ゆっくりとジグザグ前後に動かしながら入れていき、歯と歯の間のカベの汚れを落とします。

プラスチックに糸が張った状態で売られているものと、ケース入りで自分の好きな長さに切り中指に巻き付けて行うものの2種類あります。こちらも歯科医院で使い方指導してくれますよ。

まとめ

普段の生活の中で、自分なりの工夫で予防対策ができることって色々とあります。

私は半年から1年の間隔で定期的に歯医者さんに通っています。口臭の原因ともなる虫歯のチェックや歯石が気になるからです。(甘いものが好きなので虫歯が心配!)

第一に歯磨きは必須ですね。毎日の習慣として続けていきたいですね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です